Lenovo(レノボ)

Lenovo Yoga S740レビュー!

Lenovo Yoga S740レビュー

Lenovo Yoga S740についてのレビューやお得に購入できる方法についてまとめました!

Lenovo Yoga 740レビュー

Lenovo Yoga 740レビュー
Yoga 740のサイズは、幅32.2cm×奥行き21.2cm×厚み1.49cmです。

Yoga 740画面レビュー
画面は14.0型のFHD(1920×1080ドット)の IPS液晶で視野角が広く、ブルーライトをカット機能があるので見やすいです。

ただ、光沢液晶なので角度によっては映り込みが少し気になります。(タッチパネルには非対応)

ベゼル(縁)の厚さは、左右0.58センチで上部0.88センチ、下部1.35センチと狭く作られているので、その分画面が広くなっています。

指紋認証ログインには対応していませんが、モニター上部にある「赤外線カメラ」を使用した顔認証によるログインに対応しています。

Yoga 740キーボードレビュー
キーボードの左右には大きなスピーカーが付いているので、臨場感のあるサウンドが楽しめます。(Dolby Atmosスピーカーシステム)

キーボードのキーピッチ(キートップの中央から中央までの距離)は、約19.0mmと標準的です。

また、キーストローク(深さ)は約1.2mmとやや浅め。

キーボード自体はバックライト対応で、明るさは2段階調節が可能です。

Yoga 740キーボード底面レビュー
底面には大きな吸気口が中央に開いています。

3箇所にゴム足があることでスムーズに吸気が行われ、重たい作業をしても音は静かです。

排気はキーボードとディスプレイの継ぎ目部分(キーボード上部)から行われています。

Yoga 740右側面レビュー
右側面のインターフェイスです。
①USB3.0

Yoga 740左側面レビュー
左側面のインターフェエイスです。
①電源コネクター
②USB3.0
③USB Type-C Thunderbolt3ポート(USB Power Delivery対応、DisplayPort出力機能付き)
④ヘッドホンジャック

③のUSB Type-CはUSB PDに対応しているのでここから対応機器で充電できますが、付属の電源アダプターが65W対応なので、通常は電源アダプターを使用して充電するほうが早くおすすめです。

Lenovo Yoga 740の重さ

Lenovo Yoga 740本体重さ
Yoga 740の本体の重さは、1.45kgでした。(公称値は約1.4kg)

Lenovo Yoga 740電源アダプターの重さ
Yoga 740に付属している電源アダプターの重さは、ちょうど200gでした。

大容量充電ができる65Wアダプターとしては比較的軽い部類に入りますが、通常の45Wアダプターと比較するとやや重めです。

Lenovo Yoga 740のバッテリー

Core i5モデル 約 23時間
Core i7モデル 約 26時間

当レビュー機はCore i5モデルですが、実際に使用してみたところネットサーフィンや簡単な文書作成などで約20時間ほどバッテリーの持ちでした。

Lenovo Yoga 740のベンチマーク

Core i5-1035G4 プロセッサー 8229
Core i7-1065G7 プロセッサー 9003

※ベンチマーク数値:PassMark社

長時間バッテリーのノートPCはバッテリーの持ちを重視するのでベンチマーク数値が低くなりがちですが、Yoga740は最新大10世代のCPUを使用していることもあり、高いベンチマーク数値です。

また、GPU(グラフィックス)には、一般的なノートパソコンに使用されているUHD 620より上位クラスのIntel Iris Plusが搭載されているので、UHD Graphicsに比べて約1.7~2倍程度のパフォーマンスが期待できます。

Lenovo Yoga S740の価格とお得に購入する方法

 Core i5-1035G4モデル 7万円台~
Core i7-1065G7モデル 10万円台~

※上記の価格は参考価格です。最新の価格は以下の公式サイトのボタンより確認して下さい。

Yoga S740を一番お得に購入するには、公式サイトの特別割引クーポンを利用すると良いでしょう!

以下のボタンよりクーポンを入手して下さい。

Lenovo Yoga S740の公式サイトでの販売は終了しました。今なら以下に紹介するスペックの似ているYoga C740がおすすめです♪

Lenovo S740 限定Eクーポン

Lenovo Yoga S740を使用して分かったデメリットとメリット

Yoga 740を使用して感じたデメリット・メリットをまとめてみました!

デメリット
  • Yogaシリーズでありながら180°までしか開かず、タブレット的な使い方ができない。
  • 液晶がタッチパネル非対応。
  • 持ち運びノートPCとしては重さが約1.4kgとやや重め
メリット
  • CPU性能が価格の割に高くサクサク動く
  • 起動がとにかく早い(約5~6秒)
  • バッテリーが最大26時間と長持ち

Yoga S740は持ち運びノートパソコンとしてはやや重めですが、価格に対しての性能が高いです。

何よりバッテリーの持ちが良いので、充電なしで1日使えるノートパソコンを探している方におすすめです!

Lenovo Yoga S740の口コミ・評判

Lenovo Yoga S740の悪い口コミ・評判

Lenovo Yoga S740良いの口コミ・評判

Lenovo Yoga S740に関するよくある質問

Lenovo Yoga S740に関してよくある質問をまとめてみました!

Lenovo Yoga S740とc740との違いは何?

Yoga S740とYoga c740は重さが同じで、スペックも似ています。

大きな違いを箇条書きでまとめてみました。

  • Yoga C740はタッチパネルに対応。(S740は非対応)
  • Yoga C740は360°回転(S740は180°)
  • バッテリーの持ちはS740の方が最大23~26時間と長い。(C740は最大約 18.6時間)
  • C740は指紋認証搭載。(S740は顔認証)

>>>Lenovo Yoga C740クーポン

Lenovo Yoga S740で動画編集はできる?

Yoga S740にはCPU一体型のグラフィックボードとしてUHD 620より上位クラスのIntel Iris Plusが搭載されています。

しかし、動画編集にはややパワー不足と言えそうです。

重さが少し重くなったとしても、グラフィックボードが単体で搭載されているノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

こちらのページもぜひ参考にして下さい。
Lenovoパソコンがお得に買える限定Eクーポン